So-net無料ブログ作成
検索選択

NO.209 ドラえもん気分になれるかな? [家族と・・]

image.jpg



あれも コレも それも。。
書きたいコトは確かにあったはずやのに
こないしてページ開くと思いつかなんだ(^_^;)
危ない あぶないぞぇ。




週末。
「野良猫通りぬけ禁止」のフェンスば取付ますた。
が。。 夕方には窓ガラス越しに我が家の猫ズとにらめっこしとってん。
どっから入ってきたん?
そっか! 玄関ん方の門扉がまだやったわ。
なんとまぁ 堂々と入って来なさるんやねぇ?
さぁて門扉ばどないしてたてますかなぁ。。


女の細腕ふたり分。
一階と二階のTV台の入れ替えもしましてん^^
階段ののぼりおりには少々手こずりますたが なんとか無事終了。
どちらの部屋もすっきりサッパリなりにけり♪
ダイニングテーブルも移動さしたらば ウン、なかなかイケる。
クローゼットの中身も片づけつつ他のクローゼットへお引越し。
空っぽになったクローゼットには何が入るん?
『ドラえもんの寝床』をこさえまする。
はて? それはなんぞ?
帰ってくる息子の為にちょいとしたサプライズ♪
ソファ、カウチ、ベッドと三通りに使えるモノを入れまする。
「TVは離れて見ましょ!」ができるし ゴロリとお昼寝かてできますもん。
夜は夜とてあったかいソファベッドでぐっすり眠れまする。
120cm巾の小ぶりなサイズ。
空いたスペースには息子のバッグや服もしまえますねんな?
ホンマはクローゼットそのもををベッドスペースにしたかってんけど
息子の身長に足りんとですわ^^



本の紹介をば。
借り物レビューは。。。
『人生は、一人旅。明日はどこへ行こう?
相棒は青いスーツケースただ一つ。
今日も残りの半分に、温かいドラマが詰まってゆく。
心がふわっと軽くなる、幸せつなぐ物語。

三十歳を目前にした真美は、フリーマーケットで見つけた青いスーツケースに
一目惚れ、衝動買いをしてしまう。
そのとき、彼女の中で何かが変わった。
心配性な夫の反対を押し切り、憧れのNYへ初めての一人旅を決意する。
出発を直前にして、過去のある記憶が蘇り、不安に駆られる真美。
しかし、鞄のポケットから見つけた「あなたの旅に、幸多かれ」という
メッセージに背中を押され、真美はNYへ旅立った。
やがてその鞄は友人たちへとバトンされ、世界中を旅するうちに
“幸運のスーツケース"と呼ばれるようになってゆく――。

大丈夫。一歩踏み出せば、どこへだって行ける。
NY、香港、アブダビ、パリ、シュトゥットガルト……
新しい自分に出会う、切なく優しい旅ものがたり。』

スーツケースの半分は

スーツケースの半分は

  • 作者: 近藤史恵
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/10/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



一人旅。 やってはみたいが臆病者やけんねぇ(*´艸`*)
海外? 国内? 九州? かごっま?
(どんどん小さくなってくが。。)
世間と懐が少しあったかくなったら どっか行きたいな^^
nice!(34)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 34

コメント 3

彩風

夜ベッドの中にいるといろいろ言葉が出てくるのに
朝起きたら忘れてる、なんとことしょっちゅうあります。
一人旅してみたいけどなかなか勇気がでない。
友人の中には気軽に1人で海外へ行く人も何人かいるけれど
私は国内もできない・・・
by 彩風 (2015-11-17 16:49) 

engrid

近藤史恵氏の本、気になる作家さんなので
読んでみたいです、
by engrid (2015-11-18 00:40) 

キャベツ

むすこちん、帰ってきたとき くつろげるね。
誰かのために何かするのって いいよね。

今読んでるのは、ふる 西加奈子。
主人公の花しすのサエナイ感じが
アタシと似てるんだよね(; ̄ェ ̄)
by キャベツ (2015-11-18 18:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。